思いどおりに生きる

オーストラリアからほぼ毎日発信してます

【オーストラリア】なんでもボンド(保証金)がかかる

f:id:gerbera04:20181124144853j:plain

おはようございます。

 

ワーキングホリデーでオーストラリアにきて約二ヶ月

日々、日本との違いに驚かされています。

 

その中でも最近驚いたのが、

オーストラリアなんでもボンドをとる件だ。

※ボンド(Bond)とはいわゆる保証金みたいなものです。

だいたい、そのモノの返却時に返って来ます!!

 

ただでさえ物価が高いのに、

なんでボンドまで取るんや?って感じです

 

と言う訳で、

これまで僕がオーストラリアでボッタクられた

払ってきた、もしくは払うのを辞めたボンドについて

ここで紹介していきたいと思います。

 

 

ゴーカード

f:id:gerbera04:20181029192613j:plain

これです、

オーストラリア版(劣化版Suica的なやつ!!

 

これを発行するのは、

専用のマシーンがあるんですけど

発行するのに、ボンド$10

 

はい、オーストラリアに来て

一番最初に食われたボンドです。

f:id:gerbera04:20181029191304j:plain

来たばかりの僕の$10を吸い取ったマシーン

交通費も中々高いのに、

いきなりカード発行で$10持って行かれました!!

 

日本だったらこの辺はタダですよね!?

この辺がやはり日本とは違いますね(笑)

 

シェアハウス

こちらは、もはや定番中の定番

誰しもが通る道です。

 

シェアハウスのボンドは、だいたいレント(一週間分の家賃)の

2週間分〜3週間分がほとんどです。

これを入居時にシェアハウスのオーナーさんに渡します。

 

このボンドは通常

退去時に返ってくるのですが、

シェアハウス入居期間中に

ハウス内のものを壊したりすると返ってこなくなります

 

シェアハウスのレントによってもボンドの料金は変わってきますが、

初めての地で、

無事引っ越しが終わって一安心、、、って時に

いきなり$250〜$300が財布から消えるのは

結構メンタルやられます(笑)

 

中にはボンド必要無いよ〜って言うシェアハウスもあるので

このボンドを支払いたく無い人は、

そう言う物件を探すのもありかもしれません。

 

実際、日本人だとボンドなしでもいいよって家が結構ありますよ

(日本人は綺麗好きらしいから)

ウーバーイーツ

よーし、家もシェアハウスに移ったし

生活費でも稼ごう!!

と思いウーバーイーツの配達員をやっている

ワーホリの方はものすごく多くいます。

 

ですがこのウーバーイーツもボンドがあります。

 

それはこいつ、、、

f:id:gerbera04:20181125210150j:plain

こちらのボンドは$35

 

ウーバーイーツのカバン!!!

 

配達員の登録が終わるともらえるんですが、

もらった時、思ったんですよね、、、

 

「すげーしっかりとしたバッグやな」って、、、

 

そしたら案の定、ボンド取られていました。

 

気が付いたのは初めてのデリバリーが終わった後

ワクワクしながら稼いだ金額を確認したら

マイナスになっていたんです!!!

それでよく確認してみたら

ウーバーイーツのバッグのボンドだったんです。

 

まあ、わかりますよ

しっかりとしたカバンですもの

 

でもね、最初のデリバリーで稼いだ金額がマイナスになるなんて

クッソ萎えますから。

 

こちらも、ウーバーイーツをやめる時に

返却すればちゃんと返って来ます。

 

レンタカー

はいこれ。

このレンタカーのボンドが一番ビビりました。

 

だって、日本だったら

レンタカーでボンドなんて取られないじゃ無いですか!?

 

これに関しては、日本の感覚でいたら本当にビビりました。

 

はい、、、

ボンドがですね。

 

$1000ですって!?

 

Oh my god!!

 

ブリスベンからケアンズに行く飛行機代より高いやん!!

 

レンタカーの代金は日本とさほど変わりません。

でも、

このボンドが半端なく高いんです。

車の返却時にちゃんと返ってくるってわかっていても

かなりビビります。

 

だって、今から旅行だ〜って時に

はい、$1000払っといてねって感じですよ!?

 

ただただ、ビビりました。

 

オーストラリアでレンタカーを借りる際には、

レンタカー代+ボンド$1000

これだけ支払える余裕のあるクレジットカードが必須です!!

 

これからオーストラリアに来てレンタカーを予定の方

ご注意ください(笑)

 

まとめ

以上が僕がこの二ヶ月で経験してきた

オーストラリアでのボンドになります。

ボンドは、何事もなければ返ってくるものです。

ですが、日本の感覚でいると

ただ、ビビります

そして、何が言いたかったかと言うと、、、

 

 

オーストラリアにくる際は、自分が思う以上に

お金に余裕をもって来てください!!