No Worries, Too easy

ワーホリなう。オーストラリアで生活しながら自由に生きることについて毎日考えてます。

【オーストラリア】在住者が語る、オーストラリアの気温ってどうなのー!?

f:id:gerbera04:20181126204605j:plain

こんばんは。

現在ワーホリでオーストラリアのブリスベンに来て

約二ヶ月半が経ちました。

11月に入りいよいよ寒くなって来ましたよね?

日本は!!

 

でもね、オーストラリアは今。

めっちゃ暑いです(笑)

 

クリスマスの飾りが街中にちらほらで始めたのに

すごく暑いんです。

まだ日本の感覚が抜けていないのですごく変な感じ!!

 

だって、待ち中歩いてたらこんなんですよ

f:id:gerbera04:20181126202326j:plain

 

なんて夏らしい青空が似合わないツリーなのでしょう!?

 

ちなみに本日ケアンズでは41度を記録したそうな、、、

いや〜、これからどれだけ熱くなるのか、

考えるだけでも恐ろしいです。

 

ちなみに僕の住んでいるブリスベンでは本日、

アスファルトの照り返しで肌がジリジリとしました。

 

恐るべしオーストラリア!!

しかも、紫外線の量が半端じゃないという、、、

 

来て早々、オーストラリアの夏に怯えております。

こんなんで真夏にファーム仕事(セカンドビザ申請のための畑仕事)

果たしてできるのであろうか!?

毎日ビビりまくってます

 

さてさて、前置きはこの辺にして、

オーストラリア在住2ヶ月目の僕が

オーストラリアの気温ってぶっちゃけどうなの?

過ごしやすいの?

と言うことを、ここ軽くで紹介していきたいと思います。

 

朝晩と昼の温度差が激しい

はい、これです。

とりあえずオーストラリアに来て一番初めに感じました。

 

僕はケアンズからの経由便で

ここブリスベンに来たのですが、

ケアンズに到着したのが朝の5時

9月なのでこちらは春です!!

ですが、歯がガタガタ震えるくらい寒かったです。

 

にも関わらず昼過ぎになる頃には、

半袖半ズボンで過ごせるくらいの気温でした。

この気温差はケアンズだけでなくブリスベンも同じ。

 

現在11月のブリスベンの気温は

日中でだいたい30度から35度くらい!!

クーラーなしではかなりきつい温度です

ですが、朝晩の気温はだいたい昼からマイナス10度くらい

 

大げさではなく、本当です!!

 

朝晩は、クーラー全く入りません。

今なんかは、窓開けて寝ると

少し寒いくらいです。

 

ちなみにですが、

公園などの木で、日陰になっている道なんかは

夜に通ると寒気がするくらい冷えています。

 

とにかくオーストラリアは気温差が激しいのです!!

 

まだ、ガチな夏を経験していないのでなんとも言えませんが、

たぶんオーストラリアは、

 

熱帯夜と言う言葉が存在しません!!

 

たぶんね。。。

 

そんな感じで、日中はクソ暑いですが、

夜はクーラーなしでいつも過ごしています。

 

めっちゃ乾燥している

日本の夏はすごくジメジメして

暑いプラス湿気で、ものすごく重たい感じですよね!?

 

ですが、オーストラリアはものすごく乾燥しているので

この点に関しては日本より快適であるように感じます。

 

しか〜し、紫外線が強いのだよ紫外線がぁ〜

 

日中に半袖で日の当たるところにいると、

 

マジでジリジリします!!

 

例えるならば、皮膚を焼かれている感じ

日本の比ではないくらいジリジリします。

 

ぶっちゃけ過ごしやすいの?

普通に暮らすだけだったら

日本の夏よりも断然過ごしやすいと思います。

暑いのは日中だけだし、

紫外線も、日焼け止めやサングラスなどでカバーできます。

朝晩は、ものすごく涼しいので

とても過ごしやすいです。

何よりも湿気が少ないので、

風が軽く吹いている日なんかは、ものすごく気持ちがいいです!!

すごく清々しい1日を過ごせます。

 

ただ、ワーホリのセカンドビザ目的でファームに行く人なんかは、

地獄だと聞きます。

実際に写真を見せてもらいましたが、

日焼け止め塗っていても、ガッツリ焼けていました!!

 

ファーム仕事や、自転車でのウーバーイーツなど

ワーホリでオーストラリアに来ている人には

夏は、日本より厳しいかもしれませんね!?

 

ワーホリで働くなら、室内の仕事を僕はお勧めします!!

 

以上、オーストラリアのぶっちゃけ話でした。

もし何かオーストラリアで気になることがあれば

コメントでお知らせくださいね。

 

全力で調べ上げて記事にしますから!!

 

ではでは、本日はこの辺で

また、明日の記事でお会いしましょう。