No Worries, Too easy

ワーホリなう。オーストラリアで生活しながら自由に生きることについて毎日考えてます。

オーストラリアで湯船に浸かりたい、でも家に栓がないあなたに

こんにちは、本日は自分がやっている画期的な方法(笑)を紹介しようと思います。

 

これです。おそらく日本人なら誰でも見たことありますよね?

そうトイレのスッポン!!!

なんかラバーカップっていうのが正式名称らしいです。

f:id:gerbera04:20181028125140j:plain

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
ラバーカップ[1][2]は、清掃用具の一つで、トイレの排水口や、風呂場、台所の流し台等の排水管の詰まりを直すための器具である。
オーストラリアに来て唯一難点だったのが風呂
 
日本人ならおそらく、オーストラリアで生活する上で一番最初にぶち当たる壁です
というのもワーホリでオーストラリアに来る人は大抵最初の一ヶ月をホームステイで過ごします。
ホームステイ先というのは場所にもよりますが様々なハウスルールがあります

f:id:gerbera04:20181028124403j:plain

このハウスルールの中におそらく確実に入っているのが水に関してのルール
 
実はオーストラリアは水不足で、オーストラリア人は水を貴重な資源と考えているらしいです。
そんなわけで、僕がホームステイ先についた初日に言われた水についてのルールがこちら、、、
 
シャワーは4分までよ!!!!
 
Oh my god,,,
 
マジかよ、4分って、、、
という感じで初日から水に関しては衝撃を受けました
 
ですが、シェアハウスに移ってからは、オーナーさんが日本人だったこともあり
水についてのルールはほとんど無し!!
シャワーなんかはホームステイ時のように気にしなくてもよくなりました。
 
でも人間ってどんどん欲が出て来るんですよね(笑)
そう、今度は湯船に浸かりたくなりました。
でも僕の住んでいる家、バスタブに栓がなかったんですよね、、、
 
代用できそうなものを探したらありましたよこれが、、、

f:id:gerbera04:20181028125035j:plain



ちなみにこちらは新品。

ちゃんとタグがついてました(笑)

 

そして

f:id:gerbera04:20181028125303j:plain

これを

f:id:gerbera04:20181028125312j:plain

こうして、

 

はい完成!!!

 

これであとはお湯を溜めるだけ

 

ね、簡単でしょ(笑)

約一ヶ月ぶりに湯船に浸かり

「あ〜風呂っていいなぁ〜」と改めて感じました。

疲れとか全部吹き飛びましたね!!

 

もし今オーストラリアにいて家を探しているのであれば、

家を下見に行く時に必ず水に関してのルールと、

風呂、トイレだけはしっかり見ておくことをお勧めします!!!

 

誰もが思っていることかもしれませんが、

水回りに関しては、やっぱり日本が一番です。

改めて日本ってスゴイ!!って感じました。

 

オーストラリアのトイレ事情について、はまた後ほど紹介しますね。

トイレに関してもやはり日本には勝てませんよ(笑)

 

今回はこの辺で、、、

また次回の記事でお会いしましょう。

 

Jump to navigationJump to