思いどおりに生きる

オーストラリアからほぼ毎日発信してます

ジャパニーズレストランで働いてみた②

f:id:gerbera04:20181101224230j:plain

本日も働いてきましたよ〜

ジャパニーズレストラン(ジャパレス)で!!

とは言っても、

自分のまわりが台湾人(8割)と日本人(少々)の

英語と訛った英語、中国語と日本語、

それに加えて訛りのすごいの強い日本語などなど

様々な言語が耳に入ってくる環境ですが、、、

 

まあそんな訳で、お寿司屋さんなのですが、

日本のそれとはちょこちょこ違います。はい。

 

ということで、働いて二日目ですが

僕が発見したオーストラリアのジャパレス(寿司屋)について

日本と比較しながら書いていこうと思います。

 

ちなみに僕は日本でのお寿司屋(バイト)経験があるので

そちらの目線からも書いていきたいと思います。

 

寿司

最近だと日本でも様々な種類の寿司を目にすることができると思います。

特に回転寿司!!

変わったもの多いですよね?

オーストラリアの寿司も似たような感じです!!(パッと見る限り、、、)

でもよく見ると、、、

 

はい。オーストラリアの寿司は、、、

 

やたらとアボカドが多いんです。

 

アボカド出現率80パーセントくらい、、、

そんでもって厨房には大量にアボカドが置いてあります。

 

僕の働いている寿司屋だけの話ではなく

どこの店の寿司もだいたいアボカドが入ってます。

※ちなみにワサビは使いません

あと、寿司が握りではなく8割くらい巻き寿司です

f:id:gerbera04:20181101230429j:plain

街で見かけるお寿司屋さんもだいたいがこの巻き寿司!!!

日本のケーキ屋みたいに

巻き寿司がガラスケースにディスプレイされてます。

 

巻いてあるものは、、、

 

正に個性そのもの

 

日本みたいに魚を使った寿司もあるけど、

魚以外のものを使っている寿司が多いように思いました。

 

オーストラリアの寿司屋はアボカドと巻き寿司多し!!

 

お店

僕の働いている店では

入店すると「いらっしゃいませ」or「イラッシャイマセ」と言われます。

そのあとは日本の回転寿司と同じ要領で、

目の前のレーンに流れているお寿司をとって食べる。

サイドメニュー等が食べたければ、

席に付いているインターフォンで店員を呼んで頼む!!

ここら辺は基本同じです。

※タッチパネルみたいなハイテクなものはありません

 

違うといえばドリンク

回転寿司なのに、バーカウンターがあります。

 

回転寿司×Barって感じです

 

置いてあるのは、日本酒をはじめリキュール類多数、、、

カクテルはもちろん、ワインなんかも出してます

 

米とカクテルって合うんですかね!?

 

そんなことを思いながら、

本日もカウンター越しに寿司を巻いておりました(笑)

 

日本みたいにタッチパネルはない。寿司屋だけどBar利用もできる!?

 

働き方

日本でも働いたことのある僕が

実際に働いてみてどうだったのか?

 

一言で言って、、、

 

「意外と綺麗だな。

いや、もしかしたら日本より綺麗かも」

 

って思いました。

 

日本にいる時は正直、

海外って、水回りとか汚そう、、、

どうせ厨房はどこも汚いんだろうなぁ〜

とか思ってました。

 

でもはっきり言います。

全くもってそんなことはありません。

ものすごく綺麗です。

 

それに驚いたのが、

モノを出したら元の場所に戻すっていう超絶当たり前の事を

全員が徹底していました。

 

寿司屋だけでなく、

飲食店の厨房は5軒くらい経験してきましたが

この当たり前ができる人って、

残念ながらあんまりいないんですよね、、、

これに関しては感動しました!!

 

細かいことも疎かにせずちゃんとやる、

掃除も小まめにするから清潔感を保てる!!

 

うん。素晴らしい。

要するに、

何が言いたかったのかと言うと

 

もしかしたら日本より清潔感があるかもしれない!!

 

まとめ

アボカドと寿司が好きな人で

さらにBarやカクテルも好きっていう方!!

 

オーストラリアに来た際は、立ち寄って見てはいかがでしょうか!?